PAGE TOP

特攻装警グラウザー(勝手に)主題歌イメージ② 『PLUSE』 by FLOW

自作の小説を書くときに主題歌のイメージで聞いている曲には他にもいろいろとあるんですが、

2曲目は疾走感とバトルの雰囲気を重視してのチョイス。

FLOW の曲から 【PLUSE】 です。

■FLOW / PULSE


 

 第0章と第1章を書いているときはほとんどこの曲です。

疾走感とスピード感が特攻装警たちのバトルの雰囲気に合っているというのもあるんですが、

なにより曲の歌詞を聞いていると、特攻装警たちが休息をしている時の何気ない日常が垣間見えて来るような気がする。

『なんだって馬鹿やって膝抱えて笑って過ごす日だって必要』

何気ない日常が有るからこそ、それを守りたくて非現実的な事件の場で命を張れる。

そう言う主人公たちの思いが表れてるような気がします。


そんな主人公たちの思いを汲み取れる書き手になれるのに、想像以上の月日がかかってしまって気がします。
だからこそ、今、小説を書いてるのがとても楽しいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syspan.blog.fc2.com/tb.php/11-9a46fbfa