PAGE TOP

ライブツイートログ11【 特攻装警グラウザー打ち明け話① 】

 さて! そろそろ始めるか!
 拙作『特攻装警グラウザーの打ち明け裏話』
 レビュー獲得記念号

 お待ちどうさま!

 待ってた人もいらっしゃるみたいで。ではぼちぼち始めたいと思います。
 今回は気楽に行こうと思います。
 では!

 さて――
 まず最初は『作品発表前夜』について
 そもそものグラウザーと言う作品の創作の出発点から始めたいと思います

 そもそものグラウザーと言う作品の出発点ってなんだと思う?

① 25% 石ノ森章太郎御大の傑作・ロボット刑事
② 50% 今なお語り継がれる奇作・コマンダー0
③ 25% ハリウッドの禁じ手・ロボコップ
④ 00% それ以外の何か!

 ご回答ありがとうございます

 実は4番の『ビバリーヒルズ・コップ』です。
 マジで

① 33% はァァァ??(@_@;)
② 00% 詐欺だ!!٩(๑òωó๑)۶
③ 33% どう言う事? (゚Д゚)ハァ?
④ 34% 寝言は寝てから言え (´・ω・`)

 怒らないで、本当だから。
 厳密にはスタート時点でのイメージ源泉はロボット刑事なんだがそこからグラウザーに至るための分岐点としてワシの頭のなかにあったのが『ビバリーヒルズ・コップ』なんです。まずはそこから説明する
 そもそもグラウザーを書こうと思ったスタート時点での思惑というのが『日本の特撮ヒーローでも、ハリウッドのSFやアクションに負けないくらいのクオリティで作れるはず!』と言う意気込みから出てきたんです。で石ノ森師匠のロボット刑事の現代リニューアルと言うのを妄想してみたのが始まり

 ただ――

『ロボット刑事原典の昭和中期のイメージをそのままリメイクしても古臭いだけだよなぁ、うーん』
(石ノ森ファンの諸君ごめんなさい)
『もっと現代的なイメージ……もっとスタイリッシュな……ん?』
(雑誌に載ってたビバリーヒルズ・コップのアクセル刑事)
『これだ!』

 そっから始まった
 もうおわかりだろう。
 特攻装警第1号機のアトラス、ダッジ・バイパーを乗り回し、フライングジャケットを着込み、デザートイーグルを振り回す
メカニカルな外見から来るハンデを抱えながらも、困難を一つ一つ乗り越える――
 グラウザーシリーズの最初期のイメージはここで出来上がったのである

 実はビバリーヒルズ・コップからフィーチャーしてるファクターは何もハリウッドの的なアクション要素だけじゃない。物語要素としてもっとコアなものを取り入れている。
 それが――

『差別』である

 グラウザーと言う作品において重要な位置を占めるのが

『サイボーグ』であり『アンドロイド』だ。

 サイボーグは一般市民が闇社会において他人を圧倒できる力を手に入れるための手段として描かれている。その一方で、アンドロイドは人間を補助し、問題解決の手段として社会の中で重宝されている。すなわち、グラウザー世界においてアンドロイドは人間に服従しつつ人間の超える力で人間を豊かにするための手段としてのみ存在を許されている。
 作中、証拠隠滅機能で焼かれてしまったメリッサを前にして、彼女の悲惨な運命を痛むフィールの姿がある

 すなわち

――与えられた役割に満足できている私たちはまだ幸せだ――と――

 グラウザー世界においてアンドロイドとは万能の超人ではない。
 差別され、支配され、役割を固定化された不自由な存在なのである
 それがグラウザーと言う作品を書き始める上でビバリーヒルズ・コップから得られたストーリーファクターであり、今なお作中で書き続けているテーマなのだ。

 実際、翻って見てみるとロボットのヒーローって悲惨な末路を辿ってるのが多いんだコレが!

実例をあげると――

超人機メタルダー ⇒ 重要メカを修復不能にされて再起不能、そのまま山ごもり
宇宙鉄人キョーダイン ⇒ 敵のラスボス目掛けて肉弾特攻
大鉄人ワンセブン ⇒ キョーダインに同じ
ジャイアントロボ ⇒ 敵のボスを抱きかかえて宇宙空間にて自爆
キカイダー/キカイダー01 ⇒ 敵組織解決後、いずこえともなく失踪
電人ザボーガー ⇒ エネルギー枯渇後奇跡の再起動、しかし無理がたたって自爆
ロボット刑事(書きたくない)
特捜ロボジャンパーソン ⇒ あとで書く

 燦々たる有様である。
 再起不能、特攻、特攻、自決、失踪、自爆、意味不明
 もっと大切にしてやれよ・・・

 しかしなぜこうなるのか? そして、なぜこんな悲惨オチが連綿と許されるのかと言えば理由はコレに尽きる

『ロボット/アンドロイドは突き詰めると道具であり、役割を果たすと存在意義がなくなる』

――と言う悲惨な現実が待っているからである。

 すなわち敵対存在を排除する事に成功したら、人間でないにも関わらず、危険な戦闘能力を有したロボットヒーローは、人間から見れば危険な存在でしか無い。華々しく散って綺麗さっぱりと言うわけだ。
 悲しすぎる。
 だがそのアンドロイドヒーローの悲惨な運命に真っ向から挑戦状を叩きつけた作品がある。それがメタルヒーローシリーズに登場する

『特捜ロボ・ジャンパーソン』である。

 実はこの作品からもグラウザーは大きな影響を受けている。

 主人公ジャンパーソンは正体はMX-A1と言う警視庁により作られた犯罪撲滅用の戦闘アンドロイドだった。だが、知能システムに不備があり戦闘行為のコントロールができず、敵を完全破壊するまで戦闘が止められなかった。これが問題視され一度は廃棄される。
 だが開発者の中のひとりの女性が『アンドロイドにも心は宿るはず』と信じて、密かにMX-A1を回収、修復すると、善悪の判断と人間的なコミニュケーションをイチから教育。すぐれた人格を宿すことに成功する。そして『ジャンパーソン』と言う名を与えると、謎のヒーローとして世に送り出したのだ
 その後もジャンパーソンは犯罪と闘い続けるが、心と善悪の判断があるがゆえに敵に遅れを取って苦戦するケースが度々登場する。
 そしてジャンパーソンに立ちはだかるのが、自らを戦闘サイボーグ『ビルゴルディ』に改造した富豪・九能帯刀だ。

 心を宿したアンドロイド・ジャンパーソン

 善悪の判断を捨て悪に特化することを希求したサイボーグ・ビルゴルディ

 この2項対立が、特捜ロボ・ジャンパーソンと言う作品の面白さであり、重要テーマなのだ

 ラストでジャンパーソンはビルゴルディに勝つために自分の中枢部の一部を破壊、人格システムの善悪判断の部分を排除すると完全なる戦闘体へと変わり果てる
 そして激戦の後にビルゴルディに勝利するのだが、もうすでにジャンパーソンに心はない。善悪の判断も情緒もない。破壊されるしか無いのだろうか? 
 だがそこで救われるラストが待っていた
 ジャンパーソンに心を与え、人間性をもたらしていたのはプログラムでも電子回路でもない。人間と関わり合いお互いを慈しみ合ってきたと言う事実であり、その事実に基づいた『記憶』と『経験』だったと言うラスト。ジャンパーソンは無事、心をとりもどすのだ
 そしてラストシーン
 武器を外し、戦闘機能を外したジャンパーソンは、平和が戻った街の片隅で子供達の為にケーキを創りパーティーを開いていた。彼の幸せそうな顔がとてつもなく印象的なラストなのだ。
 全てのヒーローの中で最もお気に入りのラストシーンである
 マニアックなお話ですまん
 そろそろオチとして締める

 心を持たないはずのロボット/アンドロイドが少しづつ成長し、人格と人間性を獲得しようとする。だが人間でないが故のハンデと壁に幾度も苦しめられる。挫折し、苦悶し、何度も悩む。だがそれでも己に求められている存在理由へと回帰し、諦めること無く何度も立ち上がる――
 それが特攻装警グラウザーと言う作品に込めた最大のテーマなのである。
 さて今回はこれで終わりである

 手前勝手な打ち明け話にお付き合い頂き大感謝である。
 次回の特攻装警グラウザーは1月12日の金曜日の夜九時半公開予定である!
 頑張って執筆する!
 さてそれではこれにて!!

ζ
■D:美風

スポンサーサイト
[ 2018/01/27 15:28 ] ライブツイートログ | TB(0) | CM(0)

レビュー作成裏話【美風慶伍の頭の中】 第4回 【 【THE TRANSCEND-MEN】 ー超越せし者達ー 】

 さて――
 かなり間が空いてしまったレビュー解説の『美風慶伍の頭の中』
 サボってたわけじゃないです。年末年始が挟まったのと、ちょっとあることを待ってたんです。
 それと、今回は2度めのSF――、それも壮大な世界観を背景に持ったドラマチックSFスペクタクル作品。
 壮大かつ悠久の広がりを持つ世界観の中で、SFならではの知的好奇心をくすぐるアクション性に満ちたドラマ。
 考えてみればハリウッド映画の大ヒット作って大抵はSFの範疇に属するものばかり。
 ならば、ハリウッド並みのスケールと奥行きを持ったSF長編を作ることは、なろう作家といえど不可能ではないはずです。
 そしてここに、その壮大かつ困難な大事業に果敢に立ち向かった偉大なる大馬鹿野郎が1人。

 その人の名は『タツマゲドン』
 作品の名は『【THE TRANSCEND-MEN】 ー超越せし者達ー』
 
 そしてそれはある1人のレビュワーを大いに悩ませることになるのです。
 それこそ胃が痛くなるくらいに。
 
 でははじめます。

【 美風慶伍の頭の中 】

第4回
作品名《 【THE TRANSCEND-MEN】 ー超越せし者達ー 》
作者 《 タツマゲドン 》

 さて――
 すでにご承知の人もおられるだろうが、私こと美風はある基準のもとにレビューの可/不可を判断している人間である。
 それは『レビューして読者の方々にどうしても知らしめておすすめしたい『面白さの核』があるか否か?』と言う点だ。
 
 逆を返せば、オススメするに足る『面白さ』や『楽しさ』や『付加価値』があれば、私は多少の欠点は気にせずに堂々とレビューをする。実際、文章能力や文体などに致命的な問題があっても、レビューした事例はいくつもある。
 逆に文章作法や基本的な物の書き方ができていても、レビューをしてまで読者に知らしめたいと思える様な『楽しみの核』『絶大な付加価値』が見いだせない作品はレビュー未到達としてダメ出しをしている。
 このダメ出しが場合によっては作家さんの心をへし折ってしまう事もあるので心苦しいのは事実なのだが、そう言うキツいスタンスも確固たる理由があってのことだというのは告知済みなので私は遠慮しない。そのスタンスはこれからも変わらない。なので私にレビュー依頼をする人は覚悟するように。
 
 さて――
 
 だがここで私を大いに悩ませるタイプの作品が往々にして登場する。
 それは――
 
【 レビューをしてまで読者に知らしめたい『面白さの核』を持っているが、同時に致命的な問題があるゆえにレビュー投下して作品の存在を知らしめる事がリスキーな作品 】

――である。

 つまりどういう事かというと――
 
【 レビュー可/不可のギリギリの線上となる微妙なボーダーライン作品 】

――があると言うことである。

 いや実際、ほんとに多いんだ!!
 
 プッシュポイントとデメリットポイントが同等に共存するが故に、どっちに判断した方がいいのか徹底的に悩ませられるのだ。少なくともレビュー依頼をしてきた人をがっかりさせたくない。しかし同時に、レビューを通じて作品を知らしめることで作品の致命的な欠点が明らかになり、レビューが効果を発揮しないばかりか、看板に偽りありとして作品にアンチがつく事すらありえるのである。
 
 こうなると読者を増やすのはもはや困難となる。
 そんな馬鹿な?! と思われるかもしれないが、読者は恐ろしくシビアで残酷なのだ。
 面白ければ読んでくれるし、つまらなければ二度と読んでくれない。
 たった一通のレビューが作品を爆発的に盛り上げることもあれば、永遠にとどめを刺してしまうこともある。だからこそレビューは怖いのである。
(蛇足ながら、だからこそ作品の本質を理解してくれるレビュワーを徹底的に探すことをオススメする)

 さて本作【THE TRANSCEND-MEN】 ー超越せし者達ーである。
 
 一読してSF、それもハリウッド映画ばりに壮大な世界観を持ったドラマチックSFスペクタクル作品だと言うのはすぐに判った。それも背景世界も、設定も、徹底してしっかりしている。アンダーソン少年を中心として展開される人間関係も、超越の特殊能力によるバトル描写も、SF作品として肝のハイテクノロジー描写も皆しっかりしている。それぞれの各パーツを見れば非の打ち所も無いくらいだ!
 
 そもそも――
 新規の未知なるハイテクノロジーを登場による変革した世界を舞台とした物語と言うのは、大ヒットアニメでは定番のスタイルなのだ。

 波動エンジンの技術供与により宇宙戦艦を完成させた『宇宙戦艦ヤマト』
 光子力エネルギーと超合金による戦闘ロボットの闘いを描いた『マジンガーZ』
 ミノフスキー粒子によるモビルスーツの開発の成功により、コロニー世界での宇宙戦争を描いた『機動戦士ガンダム』
 汎用人型決戦兵器の開発と戦闘運用をめぐる人間ドラマが交錯する『新世紀エヴァンゲリオン』
 
 どれもがド定番の作品ばかりだ。
 ハリウッド映画もそうだ。
 
 タイムマシンの発明をめぐる歴史ミステリーアクション『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
 汎銀河規模の宇宙文明の興亡を描いた『スターウォーズ』
 宇宙へと進出した遠未来の人類文明と異星人文明の接触と興亡を描いた『スタートレック』
 
 漫画から範をとるなら――
 
 人間の超能力開発をめぐる陰謀と騒乱を描いた『アキラ』
 サイボーグ技術とネットワーク技術が社会の細部にまで浸透した未来世界を描いた『攻殻機動隊』
 人型作業ロボットが社会の隅々にまで浸透した日本の未来絵図を描いた『機動警察パトレイバー』
 
 どれもが登場するテクノロジーがいかなるものなのか? を想像すると物語の全体像が速やかに浮かぶほどに明確に描かれているものばかりだ。
 そしてこの手の手法はファンタジー作品でも『その作品独自の論理法則の確立』と言う手段で、連綿と使われており、今後も絶えることのない超王道のスタイルといえるのだ。
 
(脱線だが、あの『けものフレンズ』もこの手法によるものと言えなくもない。生物を進化させるサンドスターの存在と、フレンズを捕食する上位者であるセルリアン、そしてその背景に存在する『人類滅亡』と言う事実――、そこから始まる物語であるけものフレンズは、テクノロジーによる世界変革をキーにした作品と言えるのだ)

 ■ ■ ■ ■ ■

 さて翻ってこの【THE TRANSCEND-MEN】 ー超越せし者達ーである。
 
 この作品には4つのキーワードが登場する。
 
 新素粒子「エネリオン」「インフォーミオン」
 新物質「ユニバーシウム」
 新兵器「トランセンド・マン」
 
 新粒子の登場と、それを利用した新物質の開発、さらにはそれらを応用した新兵器の存在、
 それらが影となり日向となり、世界をダイナミックに変革していく。
 物語の冒頭部では、その変革の歴史的工程が事細かに描かれていく。
 そして始まる〝世界の新たなる秩序〟
 物語は作品の主題である【THE TRANSCEND-MEN】 ー超越せし者達ーへと到達し、最初の章を終える。
 そこまでが本作の事実上の第1章である『Genesis』として描かれる。
 
 このGenesis編には、物語本来の主要登場人物は殆ど登場しない。
 なぜなら例えて言うのなら、
 
 機動戦士ガンダムにおける――

『ミノフスキー粒子の発見と開発の歴史』や
『モビルスーツ開発ヒストリー』あるいは
『スペースコロニーの建設と普及とコロニー国家の成立』

――などと言った物語本編の開始前のプレストーリー、プレヒストリーに相当する部分だからだ。

 商業作品の場合、漫画でもアニメでも映画でも、これらに相当する部分を描くことはまず無い。いわゆる【尺】の問題で入り切らないからだ。だから背景設定として匂わせるだけにとどめたり、関連雑誌などで紙面にて掲載したり、あるいは読者の想像の余地にゆだねる事になる。
 
 そして作品本編でリカバリー出来る範囲内に収めるために、作品未発表の部分が大量に発生することになるのだ。
 
 だが――
 
 この【THE TRANSCEND-MEN】 ー超越せし者達ーは違う。
 小説である事、アマチュア作品である事のメリットを最大限かつフルに活かし、徹底的に歴史ドラマの1ページとして、驚異的な密度と精度で、ある種変質的とも言えるクオリティで徹底的に書き込んで見せるのだ。恐るべき執念と誠意だ。
 その作者のSFストーリーテラーとしての誇りでありポリシーがGenesis編であり、最大のこだわりだろうと私は見ている。
 
 そうこの作品はGenesis編無くしては成立し得ないのだ。
 
 その後、物語はいよいよ作品の編へと突入する。
 アンダーソン少年を主人公とした物語は、Category 0 : Birthから始まり、いよいよドラマチックSFスペクタクルアクションとしての本領を発揮する事になるのだ!
 ココまで到達できればもう心配いらない。ハリウッド映画のさながらの緻密かつドラマチックなストーリーがジェットコースターの如く怒涛に流れ始まるのだ。

 超越した力を持つ者たちと謎の少年アンダーソン、そして彼を巡って対立し合う様々な存在や組織の存在――、作品の中に『異能バトル』『能力バトル』の要素を巧みにはらみつつ、絶妙な物語の流れへと読者を引き込んでいくのである。 
 
 と――
 
 ここまで文章を読んだそこのアナタ、気づいただろうか?
 
 本編であるCategory編が始まるまでのGenesis編――
 
 Genesis編が世界背景の周知徹底を主眼としているため、純粋にSF的な情景描写が続くセクションだ。しかしながら作品の主要登場人物はなかなか登場しない。このGenesis編を開いて目を通したときにしびれをきらせずに最後まで付き合えるかどうか? 初版の【THE TRANSCEND-MEN】の構成では、多くの読者がここで心を折られてしまうのでは? と思えるくらいに読み続けたい! と思える引き込みに乏しいのである

 事実私も一度は断念しかけた。いつ本編が始まるのだろう? と困惑してしまったのだ。
 
 だがレビュワーとして、本編を読まずにレビューの可否を決める事などできない。
 この作品の面白さの核はなんなのか? おすすめできる事の本質は何なのか? それをつかむためにはさらに奥へと読まねばならないと確信を抱いていた。そして、Category編へと到達――
 
 そして思った。
 
【 この作品はCategory編からが超絶的に面白い!! 】

 SFと言うくくりが勿体無いくらいのエンタメ性とドラマチック性に溢れていたのである。
 特に主人公のアンダーソン少年が自らの居場所と決めるチームとの関わり合いの描写は胸に迫る物があり、とくにトレバーなる老人物とアンダーソン少年との師弟関係の様なかかわり合いは見事と言わざるをえないほどのクオリティなのである。

(スターウォーズのオビワンとルークの関係性を思い出してもらいたい。あれに匹敵する面白さなのだ。あれは初期3部作のスターウォーズの最重要部分である)
 
 そこまで読み込んで気づいた事。
 
【 Category編の面白さに到達するまでに、Genesis編を読みこなし終えられるか? 】

 本作品の問題はこれなのである。そこで徹底的に悩んでしまった。

 Genesis編は後のCategory編を楽しむための重要エッセンスであり、楽しめる予備知識として必要な部分だ。だがそのGenesis編をSF耐性の薄いなろう読者にも楽しんでもらえるようにレビューにて説明できるだろうか? 果たしてどうレビューすれば?
 
 タツマゲドン氏に「Genesisをなんとかしてよ」とのたもうてレビュー不可とするのは簡単である。だがそれでは作品の可能性を引き出すためのダメ出しにはならない。
 
「こうしたらもっと読者にアピールしやすくなる! そして面白さを引き出せるはず!」

――といえるまでにレビューとダメ出しを両面で出さねばならないのである。
  
 ならばどうすればいいのか?
 ここで私は2つの方策を取ることにした。
 
①Genesis編の価値を徹底的に後押ししてブラッシュアップするレビューを書く。同時に、Genesisの後に超絶的に面白い本編が待っている事を読者に突きつける。

 まずレビューにて、Genesis編の価値を補完できるようなレビューを作成し、さらにGenesisの後のCategory編の面白さをコレでもかとレビューにてアピールする。この方針でレビュー文を作成する。
 そしてもう一つ――
 
②作品の構成が、Genesis編とCategory編とで離断しており、読者がGenesis編で折れてしまう可能性がある事をダメ出しする。さらに構成を一工夫して、Genesis編その物を、Category編の物語の流れへと取り込み、2つを地続きにする方策を考えてほしいと指摘する。

――これを感想でタツマゲドン氏に伝えたのだ。


 つまりレビューにて本作品の面白さの有りかをアピールして、Genesis編とCategory編のつながりを補完。さらに、感想でのダメ出しを通じて、この点の問題点を指摘。さらなる改善を促すと言う方針で挑んだのである。
 
 そしてコレを前提としたレビュー文が以下である


【壮烈なるSF抒情詩世界観。ハリウッド映画に殴り込める程のストーリーパワーを味わいつくせ!】

★SFを基盤とした物語創造において、新エネルギー新素材新概念、それらを物語のスタート地点とした作品はある意味王道だ。具体名は挙げないが我々はそれらの作品を知っている。だが多くは時間的尺と言う制限に阻まれ細かな点は描かれない。見る者の想像の余地に委ねられる。だがこの作品は違う。根本が異なるのだ
★新素粒子、新物質、新兵器――、王道のSFキーワードを種として作者はまず丹念かつ濃密に世界の根幹となる背景世界を神の視座で描きぬく
★次いでその世界に生きる者の過酷な現実を戦いの最前線の姿から映し出す★作者に対して敬服するのは〝小説〟と言う媒体で許される限界へと、意味変質的とも言える丁寧さで紙面に刻みつける姿勢だ。その執念に敬服である
★だが物語は一人の少年の出現をもってSF的闘争世界を生きるヒーローの出現を予感させてくれる。アンダーソンとソレを囲む人間性あふれる仲間がそれだ。これもSF娯楽大作の王道である


 そしてもう一つ――
 私がなぜ、このレビュー解説記事【美風慶伍の頭の中】の第4回をこの時期まで伸ばしたのか? と言う点についてだが、それにはある理由があるのだ。

【タツマゲドン氏は私のダメ出しに真っ向からしっかりと答えてくれたのだ!】

 敬服である。作者がレビュワーの無茶なダメ出しから逃げずに真っ向から立ち向かってくれたのだ。ならばそれをしっかりと受け止め評価する解説記事を書くのが妥当なはずだ。

 Genesisが丹念に改稿され、冒頭部に新たにfirst編が添えられているのが分かるだろうか?

 私が指摘したGenesis編とCategory編の連続性・接続性の問題をしっかりと認識して手を加えてくれたのである。
 
これこそが【THE TRANSCEND-MEN】 ー超越せし者達ー の完全版である。
 
 本作をあなたの目でしっかりと見て欲しい。
 超絶に面白いSFはここにある

さて次回は――

能登川ツグルさんの名作
『少女は悪魔に死を願う』
――を解説する。
これもまた私のダメ出しを乗り越えた努力作である。

ζ
■D:美風



■Twitterにてプチ企画『#RTした人の作品に勝手に主題歌を選んでみる』をやりました。そのモーメントログです!

■Twitterにてプチ企画やりました。そのモーメントログです!

#RTした人の作品に勝手に主題歌を選んでみる
このタグを使って派手に遊びました。依頼いただいた人の作品に主題歌をつける作業です。
めっちゃ楽しかったです!!
サイコー!!
またやるぞ!!
 
[ 2018/01/17 16:50 ] ライブツイートログ | TB(0) | CM(0)

ライブツイートログ8【 クリスマスプレゼントだよ! 『人物関係定規』 】

さーてそろそろはじめるかー

準備はいいかい? テレビの前のみんなー!!
おー、集まってきてるね。
じゃ、さっそくやろうか!

ライブツイート講座 クリスマス特別編!

『美風サンタからなろう作家のみんなにプレゼント!』

いくよー!!!

さて……
本当なら今夜はプロット教室第3回の締めを行う予定だったんだけど、
何しろクリスマスだからね。
今夜はプロット教室にふさわしい小説を書く時の新しい定規を用意してきた。

知っておいて損はないはずだ。

『人物関係定規』って言うんだけど――

お話を構築するさい、その背景となる人間関係――

1:主導権
2:力関係
3:主人公周辺

――の3つにおいて図式化したものだ。
図式化というより、必要要素を絞り込んだ物と言ったほうがいい。

さてその3つを画像で添付する。
 
人物関係定規1:主導権 人物関係定規2:闘争勢力図人物関係定規3:主人公周辺

さて、ここまでいいかな?
よし、それではそれぞれの定規について解説する。
色々と例題となる作品が出るから注意してね

まずは1の主導権

ファクターとなるのは
1:力(権力/武力)
2:金
3:技術

一つの組織をまとめ上げ、ある目的へと組織全体を進ませる際にだれが中心と鳴って主導権をにぎるか? と言う命題

たとえばエヴァンゲリオンのネルフ周辺だとこうなる

1:権力/武力:日本政府・国連
2:金:ゼーレ
3:技術:ネルフ

実はこの構図であえてこう書いたが、作中で1の権力/武力と2の金を象徴する物が見方によってゼーレが権力を持っているように見えたり、日本政府はただ金と場所と資材を提供するだけの金づるにしか見えなかったりするのがミソ。

実際にあのネルフとゼーレと日本政府の3すくみの構図の中で最終的に力を持っていたのは日本政府だったというのは、旧映画版の戦略自衛隊によるネルフ粛清を見れば一目瞭然だ。

エヴァにおいて、加持リョウジはネルフのゲンドウに対して尊大な態度で振る舞っていたが、彼の背後には日本政府があったと考えるべきだ。
ゲンドウはシンジをこの恐ろしい三角構図から逃がすために、あの手この手の作戦を練り、シンジの親友を傷つけてまで息子をエヴァから降ろした。
だが、それを政府関係筋のエージェントである加持が言葉巧みにエヴァに戻してしまう。ここでゲンドウは、この力と金と技術の主導権において決定的に敗北したのだ
これがTV版エヴァの『男の戦い』のエピソードの顛末なのだ
コレ以後、ゲンドウは精彩を欠き、ネルフからも降ろされるのだ

さて、この主導権の構図がもっと分かりやすい形で現れるのが――
タイムボカンシリーズの3悪である。

いやほんとに(笑)

第1作のタイムボカンのマージョ一味と
第2作のヤッターマンのドロンボーを比較しよう

①マージョ一味

金:マージョ
技術:グロッキー
力(武力):ワルサー

②ドロンボー

金:(該当なし)
技術:ボヤッキー
力:ドクロベー

こう言う違いがある。

マージョ一味はシンプルだ。
金持ちのマージョが主導権を握って、武力と技術を持った二人の子分を駆使してダイナモンドの横取り計画に奔走する。
マージョの悪っぷりが光るのだ

だがヤッターマンのドロンボーは違う

まず金の部分に該当する人物が居ない
だからインチキ商売で荒稼ぎする必要がある

さらに権力を持っているのがドロンボーの内部ではなく雇い主であるドクロベーだと言うことだ。ドロンジョは中間管理職と化して悲哀のあるお色気担当になり、トンズラーに至っては何の要素もない。(力すら無い)

タイムボカン最終作のイタダキマンの三悪に至っては
三人とも3つの要素を持っていないのだ!(何しろ浪人生の設定だから)
そら人気なくして打ち切られるわ(笑)

以上が1の主導権の定規だ。

続いて2つ目の『闘争勢力図』だ。

1の主導権が一つの組織、あるいは1つの目的に向けて進んでいる複数の集団を示しているのに対して――
2の闘争勢力図は真っ向からぶつかり合う異なる組織のパワーゲームのバランスを取り扱うことになるのだ。

例として文豪ストレイドッグスをあげる。

最初の盛り上がりの第1部と言える『対職人ギルド戦』のエピソード
フィッツジェラルド率いるギルドの日本への総攻撃の話だがこれを2の闘争勢力図にて描くと次のとおりとなる

①武装探偵社:情報+暴力
②ポートマフィア:暴力+金
③内務省異能特務課:権力
④ギルド:金+情報+権力+暴力

コレを見るとギルドが全てを所有していて圧倒的な勢力である事が一目で解る。だが対する武装探偵社もポートマフィアも片手落ちである。

だからこそ、ギルドの勢力を圧倒するために何らかの形で武装探偵社とポートマフィアとが連携し力を合わせる必然性が生まれるのである。

そしてこの2の闘争勢力図は別名こう呼ばれるのだ――

『大人の世界』

――と。

ここまでOK?

さて3つ目だ。

3の主人公周辺である。

完全に主人公から見た視点を中心として、それを取り囲む4つの要素からなりたっている。

1:主人公

2:仲間/同胞
3:趣味/技術
4:大人/目上
5:異性(または恋愛対象)

これを走り屋漫画の代表格『頭文字D』で表すとこうなる

1:主人公:藤原拓海

2:仲間/同胞:親友いつき、秋名スピードスターズの仲間、走り屋のライバルたち
3:趣味/技術:走り屋としての公道レース、ダウンヒルテクニック
4:大人/目上:父親の文太、ガソリンスタンドの店長
5:異性(または恋愛対象):茂木 なつき

さらにワンピースのルフィ

1:主人公:ルフィ

2:仲間/同胞:麦わらの一味のクルー、エース、サボ、ビビなど
3:趣味/技術:海賊としての冒険、
4:大人/目上:対立する敵海賊、海軍、シルバー・レイリー、ガープ、など
5:異性(または恋愛対象):ハンコック(いまのところ)

無論、この5要素が全て揃ってないケースもある

ガルパンの西住みほ

1:主人公:みほ

2:仲間/同胞:大洗学園の戦車道部の仲間、ライバルたち
3:趣味/技術:戦車道
4:大人/目上:文科省、父兄
5:異性(または恋愛対象):無し

頭文字Dの場合、要素としては仲間と技術の要素が大きく、大人は非常時以外は優しく見守っているだけである。そして5の異性はラブロマンスにならず、むしろ主人公の技術を乱すトラブル要素として働くことになる

ルフィの場合

3が趣味や技術の枠を大きく超えて夢や野望として主人公を突き動かす原動力となっている
2の仲間はそれを支援する味方であり、夢を共有する同胞である
4の大人はソレを妨害する阻害要因であり壁である
5にはルフィーは目もくれない。

3が何より大事でありそれだけが全てだからだ

最後のガルパンのみほ

分かりやすいくらいの青春スポーツ物である。
特に異性が全く居ない。ラブロマンスを挟む余地のないくらいに青春スポーツ物の構図だからだ。

大人はそれを支援する者も居れば、決定的に妨害する者も居る。

仲間の支援を受けて、目的であるスポーツという技術にむけて一直線に進むのだ。爽快ですらある。

そして、この3つ目の主人公周辺の構図はこう呼ばれる

「若者の世界」と――

そのため、主人公を若者として規定して描く場合、

若者の世界である主人公周辺と、
大人の世界である闘争勢力図が相互に関わり合いながら、物語が進んでいく。

1の主導権は大人/若者のそれぞれの領域で微妙に関わり合いながら進んでいくのだ。

まとめ的な最終例として『鋼の錬金術師』を上げてみよう。

一気に行く準備はいいか?

鋼の錬金術師の3つの定規

1:主導権

金:アメストリス国家+アメストリス国軍
権力:国家錬金術師、さらにその背後の国軍と、さらにさらにその背後の『お父様』
技術:錬金術師、練丹術師(シン国人)

2:闘争勢力図

アメストリス国軍:金+情報+権力+暴力
ブリッグス要塞守備部隊:暴力+情報
国家錬金術師:金+情報+暴力
一般軍人:暴力(武力)
イシュバール人:暴力+情報
ホムスクルス一派:情報+暴力
お父様:情報+暴力+権力

3:主人公周辺

1:主人公:エドワード
2:仲間/同胞:アルフォンス、ヤン、グリード、マスタング大佐たち
3:趣味/技術:錬金術、オートメイル
4:大人/目上:マスタング大佐たち、アームストロング、ヒューズ大佐、イズミ師匠、ホーエンハイム、ブラッドレイ
5:異性:ウィンリィ

実は鋼の錬金術師と言う物語の最大の『肝』だが――

この『大人の世界』の権力闘争劇と『若者の世界』のエルリック兄弟の冒険行とが、両面とも破綻すること無くしっかりと描かれており、物語当初では若者の世界の中の小さな領域でしか物が見れていなかったエドワードが困難にぶつかり成長しまたつまづき、さらに『大人の世界』の論理に圧倒され、挫折しつつも、それでも立ち上がり成長を果たして大人になり、堂々と大人の世界の中で、自らの悲願と夢を達成するという

『若者の世界』から『大人の世界』へと飛躍して行くシェチューションが存在するのである。

今月、公開された実写映画だが、はたしてこの構図はシッカリと描かれているだろうか? もし大人の世界が描かれておらず、エドワードの周辺だけを狭く描いて終わったのなら、ファンが激怒したとしても不思議ではないだろう。

(なんかこのオチっぽいな、映画評を見てると……)

さて次で締めである

さて、クリスマスプレゼント『人物関係定規』

ご理解いただけただろうか?

色々と工夫しながら活用してほしい。

今回の講座はここまでだ!

乙でした!

ζ
■D:美風

[ 2018/01/06 01:29 ] ライブツイートログ | TB(0) | CM(0)

■お知らせニュース【レビュー依頼行為について、なろう運営さんに聞きました】

Twitterやネットの一部で『レビュー依頼行為は、なろうに規約違反だ!』と騒いでる連中が湧いてるそうです。

コレ完全な誤解と誤認なんだが、白黒つけるためになろう運営さんに聞きました。
その結果についてお知らせします。

結論から言うと【レビュー依頼行為は無問題です】

【今回のなろう運営さんからのレビュー依頼についての回答の主旨】

①規約への抵触については個々のケースを勘案して総合的に判断する
②原則として常識的な範囲でユーザー間交流として行われているレビュー希望の募集行為や、レビュー依頼などに対して運営が指導や警告などは現状ではしていない
③ただし以下のケースは運営対応(つまりはお叱り)の対象となる

A:レビューにたいして対価を要求する(有料だったり、自作品への評価点の入力を要求したり、その他利益行為を求めたりする)
B:明らかな脅迫行為や過度の要求行為があった場合

(冷静に考えれば当たり前だが)

つまり――

(´・ω・`)ノ <[なろうユーザー同士での交流の一環として、自由意志による善意で無償/無利益で行われているなら、依頼募集も依頼をして書いてもらうことも問題ないよ。ただ問題として捉えるケースは個々の状況を交えて考慮するからね]

――と言う事
極めて常識的なお答えでした
だから――

【レビュー依頼をしただけで垢VANされる様な大理不尽は絶対ないから安心してくれ!!】

(俺も安心した!)

ただ次に書く行為は間違いなく垢VANされるゾ!

・評価点の入力の依頼
・有料でのレビュー執筆

( ・`д・´)
つまりねランキングの上下に関わる評価点の入力を恣意的に依頼する事も受け付ける事もこれは間違いなく規約違反。垢VAN最短ルートです
(評価依頼とは本来この事を言うのだ!)

レビュー依頼者から利益対価を得てのレビューもアウト。これは今回はっきりとわかった

結論としては――

ランキングの信用を損ねる行為は、恣意的、無作為を問わず警告対象になります。
しかしユーザー間交流の範疇として認められるものは暖かく容認してくれるそうです。

以上!!

ζ
■D:美風


[ 2018/01/06 01:11 ] インフォメーション | TB(0) | CM(0)